スタートアップ オフレコ対談 -Startup Off the Record Talk- // XTech Ventures

スタートアップ オフレコ対談 -Startup Off the Record Talk- // XTech Ventures

XTech Ventures

ベンチャーキャピタルXTech Venturesの代表手嶋とゲストの方をお呼びして対談する番組です。

Twitterでハッシュタグ #xtechventures をつけて投稿いただき、皆様からの感想・質問・フィードバック、取り上げて欲しいテーマを教えていただけると嬉しいです!

エピソード一覧

#57「akippa流チームビルディング。いかにしてプロダクトドリブンでの成長を目指す組織に変化したか」エンジニア、CTO 、組織体制 - 金谷 元気氏(akippa社)

#57「akippa流チームビルディング。いかにしてプロダクトドリブンでの成長を目指す組織に変化したか」エンジニア、CTO 、組織体制 - 金谷 元気氏(akippa社)

🄴 スタートアップ オフレコ対談 -Startup Off the Record Talk- // XTech Ventures

akippa社と金谷さんのこれまでの道のりやピボットを繰り返しながら現在のビジネスモデルに至るまでを振り返った前半に続いて、後半はこれからのakippa社について詳しくお伺いしました。akippa流のチームビルディングやカルチャー、ビジネスドリブンからプロダクトドリブンに切り替えていくこれからの事業方針など興味深い話がてんこ盛りです。CTOクラスの採用も行っているので、興味のある方は必聴です!【アジェンダ】0:00〜現在のボードメンバーとどのようにチームビルディングを行なってきたか4:00〜カルチャーフィットを重視する社風6:00〜行動指針と組織文化を分けている理由8:00〜「あの時こうしておけばよかった」という振り返り11:00〜事業好調な中で、今の市場をどう捉えているか13:00〜ビジネスドリブンからプロダクトドリブンに切り替えていこうと考えたきっかけ16:00〜プロダクト思考の目覚めから組織が変化に至るまで19:00〜エンジニア採用の手応え20:00〜akippaのこれからの可能性と長期的な展望23:00〜海外進出への展望24:00〜「CTO」採用に関してのPR、どんな方に来てほしいか【出演者】金谷 元気氏https://twitter.com/genki_kanaya【参考サイト】企業HPhttps://www.akippa.com/採用資料https://speakerdeck.com/akippa/for-engineersnotehttps://note.com/galaxy/n/n34b368394240--- Send in a voice message: https://anchor.fm/xtech-ventures/message

#56「営業会社が、会員数300万人超のIT企業に。akippa社 金谷氏と振り返る“なくてはならぬ”サービスに至るまでの道のり」プラットフォーム、ピボット、IVS - 金谷 元気氏(akippa社)

#56「営業会社が、会員数300万人超のIT企業に。akippa社 金谷氏と振り返る“なくてはならぬ”サービスに至るまでの道のり」プラットフォーム、ピボット、IVS - 金谷 元気氏(akippa社)

🄴 スタートアップ オフレコ対談 -Startup Off the Record Talk- // XTech Ventures

今回のゲストは先日「累計会員数300万人突破」を発表した、駐車場のシェアリングサービスを運営するakippa社 金谷代表。小学生時代にキャプテン翼を読んで「何らかの分野で世界一になる」と決意してプロサッカー選手を目指したユニークな過去や営業会社として創業した原風景や苦労、現在の事業に至るまでの同社の軌跡に迫ります!コロナで大ダメージを受けながらも、現在では月次売上黒字化を達成した同社の歴史は必聴です!【アジェンダ】0:00〜金谷さんの紹介と今回のPodcastの進め方について2:00〜小学生時代にキャプテン翼を読んで「何らかの分野で世界一になる」と決意4:00〜プロサッカー選手を目指していた中で営業会社への就職6:00〜営業スキルを伸ばして24歳で営業代行会社として起業8:00〜「お弁当の回数券」など当時は複数の事業を展開11:00〜資金ショート寸前でのVCへのテレアポ12:00〜テックスタートアップへの憧れと労働集約型事業からの脱却16:00〜akippa事業へのピボット17:00〜電気を止められインフラのような“なくてはならぬ”サービスを作る覚悟を決める19:00〜akippaの他に事業候補として残っていたアイデアと最終的な決め手22:00〜「akippa開発秘話」元営業会社がエンジニアやデザイナーをいかにして集めたか25:00〜ゼロからプロダクト開発する中で当時参考にしたサービス29:00〜IVS「LaunchPad」での優勝とその後の効果32:00〜事業で「これはいける」と感じた瞬間のハイライト34:00〜トントン拍子で進む中でコロナ突入。前年同月比4割減の売上38:00〜ピンチの中で新しいビジネス分野への進出39:00〜月次での売上黒字化達成41:00〜比較的独特なこれまでの資本政策レビュー45:00〜当時DeNA社員のベースフード橋本社長が出向してきた際の思い出【出演者】金谷 元気氏https://twitter.com/genki_kanaya【参考サイト】企業HPhttps://www.akippa.com/採用資料https://speakerdeck.com/akippa/for-engineersnotehttps://note.com/galaxy/n/n34b368394240--- Send in a voice message: https://anchor.fm/xtech-ventures/message

#55「手嶋への逆質問回!“優れた起業家はどうやって解像度を高めているのか”を語る」 スタートアップ、VC、解像度を上げる- 馬田 隆明氏

#55「手嶋への逆質問回!“優れた起業家はどうやって解像度を高めているのか”を語る」 スタートアップ、VC、解像度を上げる- 馬田 隆明氏

🄴 スタートアップ オフレコ対談 -Startup Off the Record Talk- // XTech Ventures

東京大学FoundXと出版に至った経緯やウラ話について振り返った前半に続いて、後半は普段は司会を務める手嶋が馬田さんから質問を受けて対談。過去に手嶋がピッチを受ける中で感じた解像度の重要性や実際に優れた起業家がどのように解像度を高めているかなど興味深い話がてんこ盛りです!【アジェンダ】0:00〜後半は馬田さん→手嶋への質問回!1:00〜(手嶋の感覚的な)解像度が高い・低い人の割合6:00〜「行動量」が解像度を上げるためのキーワード8:00〜「解像度の見切り発車」がVCにとっての力量の一つ9:00〜今後解像度を高められそうな人の特徴10:00〜実際に解像度が高いと感じたdely堀江さんの実例12:00〜産業の歴史を知ることとやりきることの重要性13:00〜解像度が勝敗を分けた「フリルVSメルカリ」17:00〜スタートアップだからこその「時間」の解像度を上げることの大切さ20:00〜歴史を深く知ることで一点突破のシナリオが出来上がる23:00〜「深さ」は不可欠な観点、事業が立ち上がるスタートアップと凄みを感じるスタートアップ26:00〜解像度を上げるためにするべき行動29:00〜優れた起業家はどうやって解像度を高めているのか31:00〜手嶋が本書で特に印象に残った章やポイント35:00〜自分の「深さ」のレベルに気づけている人の特徴、色んな人に話してみることの大切さ37:00〜VCとのコミュニケーションに関するオススメ38:00〜本書が実務において活かせるポイント39:00〜今回の対談のまとめ【出演者】馬田 隆明氏https://twitter.com/tumada【参考サイト】馬田氏ポートフォリオhttps://takaumada.com/#東京大学 FoundXhttps://foundx.jp/元となったスライドhttps://speakerdeck.com/tumada/jie-xiang-du-wogao-meru--- Send in a voice message: https://anchor.fm/xtech-ventures/message

#54「発売1ヶ月で3万部突破!「解像度を上げる」著者・馬田氏と【解像度の正体】に迫る。」東京大学、FoundX、スタートアップ - 馬田 隆明氏

#54「発売1ヶ月で3万部突破!「解像度を上げる」著者・馬田氏と【解像度の正体】に迫る。」東京大学、FoundX、スタートアップ - 馬田 隆明氏

🄴 スタートアップ オフレコ対談 -Startup Off the Record Talk- // XTech Ventures

記念すべき2023年1回目のゲストは、東京大学FoundXディレクターの馬田さん!去年末に発売した著書「解像度を上げる」は出版から1ヶ月で3万府突破のスマッシュヒット。企画から出版に至ったきっかけやお蔵入りになりかけた内容など、聞けば「解像度を上げる」が10倍楽しめる出版ウラ話が盛りだくさん。必聴です!【アジェンダ】0:00〜新年のご挨拶、馬田さんの自己紹介3:00〜東京大学所属のFoundXの概要4:00〜新著「解像度を上げる」の反響と出版後即の重版出来6:00〜著者視点での読み方のオススメ9:00〜今回企画→出版に至ったきっかけや時期について12:00〜出版ウラ話、編集中にまるごと削除した幻の第二部「仮説」の章14:00〜本の元となったスライドを書こうと思ったきっかけや時期17:00〜スライド公開後の反響、実は公開前にお蔵入りにしかけた過去18:00〜言葉一つ一つへのこだわり、解像度を「高める」「上げる」22:00〜「複雑なことを複雑なまま受け止める」ことの重要性26:00〜FoundXという組織について28:00〜馬田さんのキャリア、マイクロソフト→東京大学でのスタートアップとの関わり30:00〜現在メインで取り組む業務32:00〜採択プログラムの選定基準34:00〜FoundX出身スタートアップについて35:00〜日本の起業家育成・スタートアップを取り巻く環境に対する思いや今後の狙い【出演者】馬田 隆明氏https://twitter.com/tumada【参考サイト】馬田氏ポートフォリオhttps://takaumada.com/#東京大学 FoundXhttps://foundx.jp/元となったスライドhttps://speakerdeck.com/tumada/jie-xiang-du-wogao-meru--- Send in a voice message: https://anchor.fm/xtech-ventures/message

#53「世界展開を進める中でのポイント。日本企業としての強みや気をつけるべき点」海外進出、M&A 、新領域- 中村 壮秀氏(アライドアーキテクツ社)

#53「世界展開を進める中でのポイント。日本企業としての強みや気をつけるべき点」海外進出、M&A 、新領域- 中村 壮秀氏(アライドアーキテクツ社)

🄴 スタートアップ オフレコ対談 -Startup Off the Record Talk- // XTech Ventures

アライドアーキテクツ社と中村さんのこれまでの道のりや海外での急成長のきっかけについて振り返った前半に続いて、後半はこれからのアライドアーキテクツ社について詳しくお伺いしました。日本企業が海外で事業を展開する中で気をつけるべきポイントやこれからの事業方針など興味深い話がてんこ盛りです。【アジェンダ】0:00〜具体的な海外展開、2024年末までに海外ARR40億円を目指す3:00〜ターゲットはメタバースを牽引するゲーム会社Global Top3005:00〜手掛けるのは「プロセスのイノベーション」8:00〜当面の方針、現在手掛ける事業内容を伸ばしていく9:30〜カンパニー長に権限移譲する仕組み11:30〜現在の海外拠点について(日本・US・UK・シンガポール・マレーシア)13:30〜日本企業として海外拠点を運営する中で気をつけているポイント16:00〜8月にM&Aしたデジタルチェンジ社について19:00〜今後のM&A方針について、どんな領域の企業を積極的にM&Aしたいか21:00〜今年7月にコーポレートロゴ・ミッションを変更した理由23:00〜採用・PRについて「カスタマーサクセス」「エンジニア」27:00〜「大空にそびえて見ゆるたかねにも 登ればのぼる道はありけり」後輩起業家へのメッセージ【出演者】中村 壮秀氏【参考サイト】企業HPhttps://www.aainc.co.jp/採用https://www.aainc.co.jp/recruit/IR資料https://www.aainc.co.jp/ir/irmaterial/--- Send in a voice message: https://anchor.fm/xtech-ventures/message