台湾通信webradio

台湾通信webradio

早田健文/本田善彦

こんにちは、台湾通信webradioです。
台湾の本当の姿をお伝えするウェッブラジオ。
この番組は日本語が基本ですが、場合によっては中国語も使って台湾の人たちの生の声をお伝えします。

Powered by Firstory Hosting

エピソード一覧

台湾の世論調査のウソとマコト――台湾の選挙を知るための予備知識(日本語)(2022年11月12日台湾通信webradio)

台湾の世論調査のウソとマコト――台湾の選挙を知るための予備知識(日本語)(2022年11月12日台湾通信webradio)

🄴 台湾通信webradio

2022年11月12日台湾通信webradio 【台湾の世論調査のウソとマコト――台湾の選挙を知るための予備知識(日本語)】 中華伝播管理学会・荘伯仲理事長に聞く   今回は中華伝播管理学会・荘伯仲理事長にお話をうかがいます。   この荘伯仲理事長へのインタビューは、8月29日の台湾通信webradioですでに中国語版をお送りしています( https://open.firstory.me/story/cl9qhmalz013301w638rv2cjy )。今回は、その内容を日本語のダイジェストでお送りします。   まず、中華伝播管理学会の荘伯仲理事長を紹介しておきます。   荘伯仲さんは、現在、文化大学新聞学科教授で、中華伝播管理学会の理事長も務めていらっしゃいます。これまで、台北市の公務員、新聞記者も務めたことがあります。 2011年8月~2012年7月、中国国民党文化伝播委員会主委、つまり台湾の二大政党の一つ、国民党のスポークスパーソンを務めたことがあります。この間、2012年に行われた総統と立法委員の同時選挙で国民党の宣伝活動を指揮しています。その後、国民党のスポークスパーソンを退任し、教職に戻っていらっしゃいます。マスコミ、行政機関、政党選挙事務での豊富な経験を持つ方です。   国民党の関係者というと、日本でも台湾でも、その政治的な立場からすぐに拒否感を示す人がいますが、どのような政治勢力の関係者でも、まずは話を聞くことが大切ではないかと思います。その話が合理的かどうか、話を聞かなければ判断はできないのではないでしょうか。そして、どのような政治勢力であれ、実際に現場に立ったことのある方の話は貴重です。   荘伯仲さんが理事長を務める中華伝播管理学会は、学術的な観点から、11月26日に投票が行われる台湾の統一地方選挙を前に、世論調査のランク付けを行っています。選挙の前には様々な機関がたくさん世論調査を発表しますが、世論調査は選挙に影響を与えます。そうした世論調査が示す結果は、果たして信じることができるものなのでしょうか。   選挙だけでなく、日本での台湾に関する様々な報道や研究でも、世論調査が使われることがしばしばあります。例えば、台湾有事が日本で論じられることが多くなっていいますが、最近、中国大陸が行った台湾周辺での軍事演習についてどう考えるか、台湾での世論動向を論じるため、こうした世論調査が使われることがあります。   選挙の動向を見るのも世論調査で、台湾の世論調査も日本で紹介されています。しかし、それが断片的に伝えられることがしばしばで、その結果に対する解説もされていないため、台湾の情勢に対する誤解を招くことが多々あります。   最近も、日本のある大学教授から最近の台湾での世論調査の結果について、どのような意味があるのか質問され、解説をしておきました。自分の主張に都合のよい世論調査の結果を紹介して、都合が悪い結果は紹介しない傾向は確かにあるようです。   一方、台湾の人たちの間には、こうした世論調査は特定の政治勢力に有利なように操作が行われているため、信じることはできないという意見が広く存在します。それは、本当にそうなのでしょうか。   世論の動向を判断するためには、世論調査しかありませんが、台湾での世論調査はどの程度の精度があるのか。あるいは、信用すべき調査と、そうでない調査をどう診断するのか。   荘伯仲・理事長にお話を聞きました。 このエピソードへのコメントを教えてください https://open.firstory.me/user/ckzuv0igg0edi0924qk6rd3e7/comments Powered by Firstory Hosting

「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第3回、最終回)――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く(2022年10月30日台湾通信webradio)

「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第3回、最終回)――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く(2022年10月30日台湾通信webradio)

🄴 台湾通信webradio

2022年10月30日台湾通信webradio 【「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第3回、最終回)】 ――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く   このインタビューは3回に分けてお届けしています。今回はその第3回、最終回です。   オードリー・タンさんは、現在、日本で最も有名な台湾の人です。現在、台湾に8月に新設されたデジタル発展部の部長、日本風に言うとデジタル大臣を務めています。   多くの本が出版され、多くの記事でとり上げられるオードリー・タンさんですが、この「オードリー・タン」ブームの先駆けとして、日本の大手メディアでは最も早い時期にオードリー・タンさんをインタビューしたのが、東洋経済の福田恵介さんです。   「オードリー・タン」ブームの仕掛け人ともいえる福田恵介さんに、お話をうかがいます。 このエピソードへのコメントを教えてください https://open.firstory.me/user/ckzuv0igg0edi0924qk6rd3e7/comments Powered by Firstory Hosting

「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第2回)――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く(2022年10月30日台湾通信webradio)

「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第2回)――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く(2022年10月30日台湾通信webradio)

🄴 台湾通信webradio

2022年10月30日台湾通信webradio 【「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第2回)】 ――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く   このインタビューは3回に分けてお届けしています。今回はその第2回です。   オードリー・タンさんは、現在、日本で最も有名な台湾の人です。現在、台湾に8月に新設されたデジタル発展部の部長、日本風に言うとデジタル大臣を務めています。   多くの本が出版され、多くの記事でとり上げられるオードリー・タンさんですが、この「オードリー・タン」ブームの先駆けとして、日本の大手メディアでは最も早い時期にオードリー・タンさんをインタビューしたのが、東洋経済の福田恵介さんです。   「オードリー・タン」ブームの仕掛け人ともいえる福田恵介さんに、お話をうかがいます。 このエピソードへのコメントを教えてください https://open.firstory.me/user/ckzuv0igg0edi0924qk6rd3e7/comments Powered by Firstory Hosting

「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第1回)――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く(2022年10月30日台湾通信webradio)

「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第1回)――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く(2022年10月30日台湾通信webradio)

🄴 台湾通信webradio

2022年10月30日台湾通信webradio 【「オードリー・タン(唐鳳)」ブームの仕掛け人(第1回)】 ――東洋経済新報社編集委員・福田恵介さんに聞く   このインタビューは3回に分けてお届けします。今回はその第1回です。   オードリー・タンさんは、現在、日本で最も有名な台湾の人ではないかと思います。英語名「オードリー・タン」、本名は「唐鳳」。台湾にこの8月に新設されたデジタル発展部の部長、日本風に言うとデジタル大臣を務めています。   現在の台湾の人物で、日本で最も多くの本が出版されているのは、このオードリー・タンさんではないかと思います。台湾の政治のリーダーである蔡英文総統は知らなくても、オードリー・タンさんを知っているという方は珍しくないのではないかと思います。日本では「天才IT大臣」などどと、もてはやされました。   オードリー・タンさんが日本で知られるようになったのは、2000年に新型コロナウイルス感染の世界的な拡大が始まった時、品不足となったマスクを台湾の人たちに平等に行き渡らせることができるシステムを構築したことからです。この時、台湾が新型コロナウイルス感染の抑制に効果を上げていたこともあって、オードリー・タンさんの名前が一躍、知られるようになりました。   オードリー・タンさん。現在、41歳。2016年に民進党の蔡英文政権が発足したあと、35歳でデジタル担当の「政務委員」、つまり無任所大臣に任命されました。それまで政治経験はなく、職業はプログラマーで、プログラム言語の分野では知る人ぞ知る、日本でもその分野では知られた人物だったそうです。   多くの本が出版され、多くの記事でとり上げられるオードリー・タンさんですが、この「オードリー・タン」ブームの先駆けとして、日本の大手メディアでは最も早い時期にオードリー・タンさんを記事に取り上げ、インタビューしたのが、東洋経済の福田恵介さんです。新型コロナウイルス感染が拡大する前のことでした。   今回は「オードリー・タン」ブームの仕掛け人ともいえる福田恵介さんに、お話をうかがいます。   【福田恵介】 現在、東洋経済新報社編集局報道センター解説部編集委員、本誌コラムニスト 1968年長崎県生まれ。 神戸市外国語大学外国語学部ロシア学科卒業。 毎日新聞記者を経て、1992年東洋経済新報社入社。 1999年から1年間、韓国・延世大学留学。 著書に『図解 金正日と北朝鮮問題』(東洋経済新報社)、訳書に『朝鮮半島のいちばん長い日』『サムスン電子』『サムスンCEO』『李健煕(イ・ゴンヒ)―サムスンの孤独な帝王』『アン・チョルス 経営の原則』(すべて、東洋経済新報社)など。 このエピソードへのコメントを教えてください https://open.firstory.me/user/ckzuv0igg0edi0924qk6rd3e7/comments Powered by Firstory Hosting

如何辨識選舉民調?――訪問中國文化大學新聞學系・莊伯仲教授(中文)/台湾選挙の世論調査をどう判別すれば良いのか?――中国文化大学新聞学科 荘伯仲教授に聞く(2022年10月27日 台湾通信webradio)

如何辨識選舉民調?――訪問中國文化大學新聞學系・莊伯仲教授(中文)/台湾選挙の世論調査をどう判別すれば良いのか?――中国文化大学新聞学科 荘伯仲教授に聞く(2022年10月27日 台湾通信webradio)

🄴 台湾通信webradio

2022年10月27日 台湾通信webradio 【如何辨識選舉民調?――訪問中國文化大學新聞學系・莊伯仲教授】(中文) 選挙の世論調査をどう判定するのか?――中国文化大学新聞学科 荘伯仲教授に聞く(中国語)   11月在台澎金馬地區舉行中華民國地方公職人員選舉,俗稱稱111年九合一大選、第三次九合一地方選舉。 每逢選舉,各大媒體或民調機構針對各黨候選人展開做一系列的民意調查。民意調查,又稱民意測驗或輿論調查,是一種了解公眾對某些政經、社會問題與政策的意見和態度,由專業民調公司、媒體或是政府單位進行的調查方法。其目的在於通過網路、電話、或書面等媒介對大量樣本的問卷調查抽樣,來嘗試在統計學上較為客觀、精確地推論社會民意或輿論的動向。 早期,這些民調數字被視爲歷届選舉趨勢的重要指標。但這經過快三十年的政治民主化的過程,民調的目的和所發揮的功能跟也產生些變化。 在這個複雜的社會環境之下,我們如何看待民調所呈現出來的數字,如何去判別民調的真與假?我們今天邀請到民調的專家,中國文化大學新聞學系教授兼新媒體與傳播研究中心主任的莊伯仲先生。 最近莊教授擔任理事長的中華傳播管理學會宣布發起的「民調透明百科計畫」正式上線,要扮演導正媒體與民眾理解民調的方式,並提高台灣選舉民調透明度的角色。今天我們來播送莊伯仲先生的訪問。 1月的地方選戰已開打,各家媒體與不同平台紛紛展開民調,但調查方式與結果呈現參差不齊,要理解民調的真假和好壞的時候,今天莊教授分享給我們的觀點可以作爲實際的指標。   【莊伯仲教授】 1969年在彰化縣出生,國立政治大學廣告系畢業後,考取高考,進入台北市政府服務,並於文化大學新聞所完成碩士學業。之後留美取得傳播博士學位。現在文化大學新聞學系專任教授,以及該校新媒體與傳播研究中心主任,開設研究方法、民意調查、政治傳播、政府公關、廣告學等課程,莊教授先前也曾擔任報社記者、因此對新聞界的事務也非常熟悉。莊教授2011年8月就任中國國民黨文傳會主委兼發言人,2012年總統與立委二合一選舉是也負責文宣事務,勝選後於2012年7月卸任,回復教職,因此對選務方面也有據實際經驗的深刻理解。   このエピソードへのコメントを教えてください https://open.firstory.me/user/ckzuv0igg0edi0924qk6rd3e7/comments Powered by Firstory Hosting