さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

さむいぼ太郎

過去の悲惨な出来事を未来に起こさせない為にお伝えする教養型エンターテイメントです。

エピソード一覧

和歌山シュノーケル◯人事件の控訴審判決を傍聴してきました。

和歌山シュノーケル◯人事件の控訴審判決を傍聴してきました。

🄴 さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

2017年7月に和歌山で起こった事件、この控訴審判決がでました。判決は控訴棄却で懲役19年の一審判決を支持。と言う結果ですが、一審判決の一部は不合理だとする異例の判決でした。つまり「ちょっとおかしい判決やったけど、罪は変わらず懲役19年です」みたいな感じです。この被告は、被害者である妻、愛人、親など自分以外の全員に嘘を付いて、そのせいでどんどん破滅に向かっていったようです。

名護中学生◯害事件と喜納昌吉。1996年6月に発生した事件。

名護中学生◯害事件と喜納昌吉。1996年6月に発生した事件。

🄴 さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

1996年6月21日、バレー部の練習を終えて帰宅中の15才少女が何者かにさらわれた。現場では白のワンボックスカーに乗った若い男が少女を連れ去る目撃があった。沖縄では前年、12才少女が米兵3人に襲われた事件が発生「また少女が被害にあったのか!」と大きな話題になった。それから半年後、逮捕された2人の男は日本人であった。犯人の供述により被害者は拉致現場から60㎞離れた国頭村の山中で◯行され◯害され◯棄された事が判明。犯人2人にはその後、無期懲役の判決が下されました。事件現場にはその後、観音像が建てられ、今でも被害者の父親やボランティア達がお参りに来ています。またこの事件をモチーフにした歌「少女の涙に虹がかかるまで」が喜納昌吉によって作られました。反戦を歌い、沖縄の反基地運動とは一線を画した喜納昌吉ならではのメッセージが込められた歌だと言われています。

基地反対運動とうるま市女性◯害事件。2016年4月発生。

基地反対運動とうるま市女性◯害事件。2016年4月発生。

🄴 さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

2016年4月28日、うるま市で20才女性が32才の米軍基地で働く米国人に◯害された事件。この事件は数万人の県民集会へつながり、沖縄県民の反基地感情を高めた事件となりました。事件の現場について、また沖縄の反基地運動についてもお話ししています。

AIと犯罪について。AIの体験をして来た話と犯罪との関連性について

AIと犯罪について。AIの体験をして来た話と犯罪との関連性について

🄴 さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

結論、AIは使いたい人が使う優秀なアシスタントって感じ。もし悪い人が使っても優秀なアシスタントになります。そんなお話しです。

時系列でわかる異常性、浅草4歳児◯亡事件。

時系列でわかる異常性、浅草4歳児◯亡事件。

🄴 さむいぼラジオ〜ニッポンのタブー〜

2023年3月に当時4歳の女の子が亡くなり、その容疑で両親が逮捕された浅草4歳児事件。ここまでの報道のまとめと事件を時系列に並べて話しています。