ep37. 資生堂。パーソナルケア事業の売却

2021-01-27·9 分鐘

本集介紹

據彭博新聞社01月21日揭露,日本化妝品大廠資生堂,考慮在今年上半年將個人護理事業出售給隸屬花旗集團的企業創投 CVC Asia Pacific ,以更專注在高階產品。

個人護理事業部門旗下的產品,包括走高質感路線洗髮護髮系列的『TSUBAKI』思波綺,以及針對男性保養品市場的『UNO』,有各種洗顏料和抓頭髮的東西。

『資生堂』不只是個彩妝保養品公司而已,它從地區藥房,到提出「大銀座」計畫,最終成為國際彩妝巨擘,它象徵著從關東大地震後,從大正年間到昭和時代,銀座街道的復興與發展,數十年來的縮影。

資生堂在1/22 官網發出了一份曖昧的否定聲明:
https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000003065

收聽平台:
https://open.firstory.me/user/chiteki/platforms
歡迎來IG留言討論: https://www.instagram.com/japan.chiteki/
贊助大叔一杯黑咖啡,讓我們一起複習日語:
https://pay.firstory.me/user/chiteki

==
以下是NHK 的報導節錄:
例句一:
資生堂はこれまでに、高価格帯の化粧品の強化を優先する戦略を打ち出していて、経営資源を集中するねらいがあるとみられます。発表によりますと、資生堂は、ことし前半をめどに日用品の事業部門を外資系の投資ファンド「CVC・アジア・パシフィック」に売却することを検討しています。
◍CVC: Corporate Venture Capital, 企業創投
◍CVC・アジア・パシフィック:隸屬花旗集團的CVC Asia Pacific 企業創投
◍売却:ばいきゃく //銷售, 特別是指企業資產的出售

日用品事業はシャンプーの「TSUBAKI」や男性向けの整髪料やスキンケアブランドの「uno」など、主に量販店向けの商品が中心になっています。
◍スキンケア:skin care //護膚產品

資生堂は、高価格帯の化粧品から日用品まで幅広い分野を手がけていますが、高価格帯のブランドやデジタル技術を活用した化粧品の非対面販売などを強化する戦略を打ち出していて、今回の事業の売却で経営資源を集中するねらいがあるとみられます。
◍非対面販売:ひたいめんはんばい  //由銷售人員直接販賣以外的銷售方式, 包括線上銷售、無人店面等等.
◍~ねらい:~狙い //以~為目標

資生堂官網的否定聲明:
https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000003065

以下節錄聲明稿的一部分:
例句二:
当社のパーソナルケア事業の譲渡に関する一部報道について

本日、資生堂がパーソナルケア事業を売却するとのブルームバーグ社の報道がありましたが、当社として公表したものではありません。

◍ブルームバーグ:bloomberg news, 彭博新聞社

当社は、アジアを中心にグローバルで展開するパーソナルケア事業(国内では株式会社エフティ資生堂)を、本年上半期を目途に、CVC Asia Pacific Limitedに譲渡すること、そして、その後、同事業を運営する新会社の株主として参画し、同事業のさらなる成長と発展に協力していくことなどを現在検討していますが、現時点で決定した事実はありません。

Powered by Firstory Hosting